英語サッカー

オブジェクテイブ
サッカーやりながら単語を練習する

2つの11人のチームとベンチにいる何人かのリザーブができるサッカー試合である。リザーブの人数は何人でもをいい。このゲームは本物のサッカー試合のようで、先生が第一審判員。チームそれぞれがどのぐらい質問を答えれるによってボールがフィールドの上か下に蹴れる。サッカーふぉフィールドが11部分に割れて、サッカーチームのようにチームのメンバーの皆が数字(1-11)をもらう。その晩後が選手のポジション。敵のチームの皆も同じように数字をもらう(色が違うけど)。

例:チーム赤対チーム白。赤のゴールがフィールドの1番にある。白のゴールはフィールドの11番にある。最初に、サッカー試合のようにボールが6番(フィールドの真ん中)からはじまる。6番を持ってるペアが立って(チーム一人ずつ)、生徒が先生の質問を聞いて、一番早めに質問を答えれる選手がボールを敵のゴールのほうにもう少し蹴れる。赤の6番の選手が勝ったら、ボールが一個白のゴールに進む (6番から7番)。7番になったら、7番の選手がまた質問を答えなければならない。

ボールがあるチームのゴールに届いて、キーパーが一番早めに質問を答えるの失敗したら、敵のチームがゴールをスコアする。
リザーブの人はチームの皆のサポートになる。

先生が聞く質問は英語での復習質問だけど、なんでも聞くことができる。

このゲームは最初にながい説明するより、やりながら説明した方がわかりやすいタイプ。ゲーム始まったら子供たちがすぐ理解するはず。

どんあ語彙や単語使えるのに、この場合は中学校一年生のワンワールドという教科書の復習に使われた。 例:写真を見せて、英語で「この人は誰?」「これは何?」「ペンはどこにある?」「これは誰の帽子?」などの質問を聞くことができる。

Lesson Topics
ジュレション
Elementary
1,
2,
3,
4,
5,
6
Junior High
1,
2,
3
High School
1,
2,
3
Special
Nakayoshi
Resources
厚紙のとても大きいサッカーフィールドのプリント(黒板にはずせるほうが楽), チームずつの1-15番のカード(黒板のためにあと一組)